商品情報にスキップ
1 1

art wine bar nagoya

08/17(sat) 14:30〜16:30 ゴッホ:夜のカフェテラス

08/17(sat) 14:30〜16:30 ゴッホ:夜のカフェテラス

通常価格 ¥6,600 JPY
通常価格 キャンペーン価格 ¥6,600 JPY
キャンペーン価格 売り切れ
税込
詳細を表示する
作品名 ゴッホ:夜のカフェテラス
作品の詳細 南フランス・アルルの星空の下、人でにぎわうカフェが描かれている。この絵でゴッホは初めて黒をあまり使わずに夜空を描いた。夜空に描かれている星座は「やぎ座とけんびきょう座の一部」とする説もあるが、みずがめ座と言う説もあり定かではない。いずれにせよ秋の星座である。 画題になったこのカフェはアルルのプラス・デュ・フォルム広場に面している「カフェ・ヴァン・ゴッホ」。 2006年5月にシャープの液晶テレビ「AQUOS」のコマーシャルに使用された他、同年の映画『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』でも登場している。2010年にはSFドラマ『ドクター・フー』第5シリーズ「ゴッホとドクター」で『夜のカフェテラス』を再現したカフェテラスが登場しており、これはクロアチアのトロギルにセットを組んで撮影された[1]。 美術研究家ジャレッド・バクスターは、『夜のカフェテラス』はレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を参照しているという説を唱えている。カフェには12人の客がおり、中央にはキリストのような髪の長い人物がおり、その背後には十字架にも見える窓枠がある。そしてテラスから去ろうとしている左の影の人物はユダとも言われる。ゴッホはオランダ改革派教会の牧師の息子で、父同様に聖職者の道を目指そうとしたが断念し、20代後半で画家を目指した。実際、ゴッホはこの作品を描いた頃、弟テオに「私は宗教が非常に必要だということを毎日感じる」という手紙を送っている。 wiki
注意事項 ★本作品は下絵を使用します