商品情報にスキップ
1 1

art wine bar nagoya

07/14(sun) 14:30〜16:30 グスタフ・クリムト:接吻

07/14(sun) 14:30〜16:30 グスタフ・クリムト:接吻

通常価格 ¥6,600 JPY
通常価格 キャンペーン価格 ¥6,600 JPY
キャンペーン価格 売り切れ
税込
詳細を表示する
作品名 グスタフ・クリムト:接吻
作品の詳細 接吻(せっぷん、ドイツ語: Der Kuss, 英語: The Kiss)は、帝政オーストリアの画家グスタフ・クリムトが1907年から1908年にかけて描いた油絵。180 × 180 cm、キャンバスに油彩。現在はベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリー)に収蔵されている。 クリムト自身と恋人エミーリエ・フレーゲ(ドイツ語版)がモデルとされる。1908年の総合芸術展「クンストシャウ」(ウィーン)で大好評を博し、展覧会終了と同時にオーストリア政府に買い上げられた、クリムトの代表作のひとつである。 本作品にみられるように、クリムトは「金の時代」には金箔を多用したが、これはしばしば琳派の影響を受けたものと指摘される。 新関公子は≪接吻≫の男性側マントの装飾について、「オーストリア応用美術館が万博出品作から購入した≪漆塗見本衝立≫や≪漆塗見本額≫にインスパイアされたものであろう」と推測している。