商品情報にスキップ
1 1

art wine bar nagoya

04/20(sat) 11:00〜13:00 葛飾北斎:凱風快晴

04/20(sat) 11:00〜13:00 葛飾北斎:凱風快晴

通常価格 ¥6,600 JPY
通常価格 セール価格 ¥6,600 JPY
セール 売り切れ
税込
詳細を表示する
作品名 葛飾北斎:凱風快晴
作品の詳細 「凱風快晴」(がいふうかいせい)は、葛飾北斎の名所浮世絵揃物『富嶽三十六景』全46図中の1図で、「赤富士」(あかふじ)とも呼ばれる。大判錦絵。「神奈川沖浪裏」「山下白雨」と合わせて三大役物と呼ばれる。 「山下白雨」とともに、富士を大きく正面から描いた作品で、画面下には樹海、空にはいわし雲が描かれ、富士の山頂には雪渓が残る。 「凱風」とは『詩経』や『和漢朗詠集』に由来し、夏に吹く柔らかな」南風を意味する。本図以前に、野呂介石筆「紅玉芙蓉峰図」(和歌山脇村奨学会蔵)などの赤富士先行例があり、北斎に影響を与えた可能性が指摘されている。 題名や描写に、朝を示す情報は無い。朝日で赤くなっているのなら、雪も赤く摺られるはずである。これらの点から、富士山の茶色い山肌を、快晴の空の下で明るく照らされているのを強調するために赤くし、「赤富士」という現象が知られるにつれて、「赤富士」という名称が浸透したという意見もある。 本図が甲斐国側か駿河国側か、どちらから描いたかは、結論付けられていない。 なお、『三十六景』に先行する文化13年(1816年)に刊行した『北斎漫画五編』に、無題ではあるが、富士を主題とした作品を載せている。 Wiki