商品情報にスキップ
1 1

art wine bar nagoya

03/03(sun) 14:30〜16:30 ゴッホ:星降る夜

03/03(sun) 14:30〜16:30 ゴッホ:星降る夜

通常価格 ¥6,600 JPY
通常価格 セール価格 ¥6,600 JPY
セール 売り切れ
税込
詳細を表示する
作品名 ゴッホ:星降る夜
作品の詳細 《ローヌ川の星月夜》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。72.5cm × 92cm。パリのオルセー美術館が所蔵している。 本作は1889年にパリのアンデパンダン展で《アイリス》とともに初めて展示された。 ゴッホがアルル滞在時に、夜のローヌ川の堤防の一角の風景を描いたものである。 1888年2月にアルルに移ってからゴッホは夜景に関心を持つようになった。テオにも夜景を描こうと手紙で説明している。本作が制作されたのは1888年9月になってからである。 夜空や夜の街のライトアップは《夜のカフェテラス》や《星月夜》など、ほかのゴッホの有名な絵画作品でもよく見られる主題である。 この風景は当時ゴッホが借りていたラマティン広場にあった黄色い家から歩いて2~3分の場所である。 この絵画は、昼間ではなく夜に描いている。実際は夜景をスケッチした上でガス灯の下で夜間に描いている。 水面はロイヤルブルー、地面はモーブ、街は青と紫色を使っている。ガス灯は黄色で、水面の反射は小豆色の金から青銅色までを使っている。 おおぐま座が見えるアクアマリンの空には緑とピンクの輝きがある。その控えめな星の光は、ガス灯のけばけばしい金色とは対照的である。前景には愛し合うカップルがいる。